Excite ブログ

ロックマンDASH3 始動   

2010年 09月 29日

映画でもゲームでもシリーズもののファンってやつは多い。

大抵はヒット映画やヒットゲームにはシリーズファンがつく。
当然、ヒットすればまた観たいし、やりたくなる。だからその続編に期待するのは良く分かる。

でもヒットしなかった作品にファンはつくのか?
カルトムービーと呼ばれる、人を選ぶような作品ならともかく、ヒットしなかった子供や青年に向けたアニメのような作品にファンがつくとは思えない。

ところが不思議な現象が起こっているんだよな。

俺が10年前に作った「ロックマンDASH」という作品。
商業成績は最低だった。 期待はされていたんだけど、全く売れなくてワゴンに山積み。

ショックだったな。 自信があった。 面白かったし、カプコン社内の評判も良かった。
みんなが売れると確信していた。 しかし結果は惨敗。

もしかしたらあれが、俺のゲームクリエイター人生で初めてのつまづきだったかも。
会社には大損害を与え、その続編で巻き返しを図ろうとしたがこれも失敗。
スピンアウトで出した「トロンにコブン」も俺的には傑作だったが、あえなく撃沈。

プロデューサー制になってプロデュースした初期の作品だったんだけど、プロデューサーとしての評価も下げてしまった。

甘かったと思う。プロデュースを舐めてたと思う。
反省した。 自分を見つめ直した。 
きっとこの大きな失敗が無ければ、今の自分は無かったと思う。

その「ロックマンDASH」はいつしか沢山のファンに続編の希望を寄せられる作品に変化して行った。

ロックマンにはもっといっぱい売れたタイトルがあるにもかかわらず、いつも続編希望の声が一番多いのはこの「ロックマンDASH」なんだ。

売れなかったシリーズに沢山のファンがつき、続編の要望をしてくれる。
こんな経験は初めてだ。

不思議な経験だけど、俺は本当に嬉しく思う。
クリエイティブな仕事をしてきて、これは奇跡なんだって思ってる。

作ることの面白さを教えてくれて、それにプロデュースの甘さも教えてくれた。 それから期待に応える喜びみたいなものもこうやって教えてくれた。

俺はこの作品によって成長出来たと思っている。

こんな作品に出合えて、こんな作品に関われて、こんな作品を生み出して、俺はなんて幸せなんだろう。

ファンを大事にしていきたいと思う。 ファンと10年間耐えてきた作品、10年分のパワーをファンと共に出せたらって俺は思う。
そうすれば、ロックマンDASHは伝説になるよ。

頑張ろう。
[PR]

by keijiinafune | 2010-09-29 22:20

 

<< 生みの親 多様性 >>

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.