Excite ブログ

真面目   

2010年 10月 12日

「真面目」ってやつを考えてみた。

人間、真面目でなきゃいけないと思う。 真面目に取り組んでいたら必ずいい結果が出る。そう思いたい。

でも、世の中そんな甘くない。 真面目だけでは足りないものがいっぱいある。

だんだんと真面目が生き辛い世の中になってるんだな。って思う。
真面目に何でもぶつかってると大怪我をすることがある。

よく言われるけど、「鬱病」ってやつもその大怪我の一つだ。
沢山の鬱に悩む人に会ったが大抵は「真面目」な人たちだ。

本来は「真面目」は褒め言葉だと思う。 「くそ真面目」になると少し悪口になるけど、適度の真面目は良い人を意味してると思う。

なんで「真面目」が住みにくい世の中になってしまったのだろう?

昔に比べ、物もお金も権力もいろいろあって溢れかえっているからなのかも。
そんな欲望の数だけ、争いがあり、勝者と敗者が生まれる。

真面目な人は欲望を抑えることが出来る。 自分だけが幸せではなく、相手にも幸せを与えたい。
真面目な人が考えそうなことだ。

世の中、相手の幸せを奪ってでも、自分だけが幸せになりたい。って方が普通に思える。
気にいらなければ、足をひっぱる、邪魔をする。 イジメが多いのもそんな考えが普通にあるからなんだと思う。

欲望って魔力には誰も敵わないのが世の中なのかな?

真面目にのもごとを考え、真面目に取り組むには大きな覚悟と孤独が付きまとう。

ルールの無いスポーツで、独りルールに従ってプレイするようなものだ。

真面目でいたいと思う気持ちを持ち続けられたらいいと思う。
真面目では勝てないのはわかっている。 でも反則して勝っても本当に嬉しいのかは疑問だ。

世の中は「反則あり」がルールになってきているのかも知れない。
悲しいとは思うが、事実なら仕方ない。

子供のころ、社会の授業で「性善説」「性悪説」ってのを習った。
俺は、すっと「性悪説」を支持している。

人間は生まれながらにして「悪」である。 「欲望」に支配されて生きているという説。
だから努力をして「善」を勝ち取るのが人間本来の姿。 その原動力が「真面目」なのかもしれない。
努力しない人は、「悪」のまま。 真面目でない人は欲望に負けて「悪」のまま。

楽して、結果だけを得ることは出来ないし、誰かの結果を横取りしたって、自分自身の力にはならない。 誰かを責めて引きずりおろし、その地位を得てもその地位で活躍出来る力なんて持ち合わせていない。

努力なくして「善」を得ることなんて出来はしない。

そんなこと考えて生きてきたが、最近は特にそのことを実感するよ。

暗い話で申し訳ないが、そんな日もある。

「真面目」が力のない時代だけど、「真面目」って武器を装備して、これからも戦っていきたい。
俺は、最新兵器ではないけど、使い慣れた信頼のおける「真面目」って武器で戦い続けるよ。

まだまだ俺も欲望に弱く、「善」とは言い難いけど、「悪」から「善」に完全に変われるように本当に頑張りたいと思う。

またこうやって、「真面目」なブログかいちゃったよ。
[PR]

by keijiinafune | 2010-10-12 20:37

 

<< 善と悪 生みの親 >>

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.