Excite ブログ

鳥かごの鳥   

2010年 11月 06日

生まれた時から鳥かごで過ごしてきた鳥は、大空に憧れをもつものなのだろうか?

その世界しかしらず、毎日決まった時間に決まった量の餌をもらい、決まった景色をずっと眺めて生きていく。

幸せとは言えない気がするよ。

もしその鳥に、誰よりも高く飛べる翼があったり、誰よりも速く飛ぶ能力があっても、鳥かごの中じゃその力は発揮できないし、自分自身も自覚すら出来ない。

ただひとつ言えることは、鳥かごの中にいる限り、餌に困ることはないということだ。
食べ物がなくて飢え死にすることのないメリット。

外敵から檻で守られ、大きな鷲に襲われることも、猫が突然襲い掛かってくることもない。
警戒心を捨てて生きていけるメリット。

静かに飼い主の言いつけを守り、逆らいさえしなければ命を保障されて生きていける。

大きなメリットが沢山ある代わりに、本来の鳥の生活をすべて失うこことなる。

きっと生まれつき飛ぶことが出来ない鳥や、飛ぶことが苦手な鳥、それから狩りが不得意で餌を自分で探せなかったり、邪魔くさいと思っているような鳥には鳥かごでの生活は天国かも知れない。

しかし、飛ぶことが好きで好きでたまらない鳥にとってはストレス以外のなにものでもないんだろうな。

俺は、鳥かごで過ごしてきた23年を悔やんではいない。
まだ未熟な翼しか持っていなかったし、その翼でどこまで飛べるのか全くわからなかった。
餌のとり方も知らなかったし、餌がどこにあるのかも知らなかった。

でも、ここにきて急に鳥かごでの生活が窮屈でたまらない。
鳥かご自体がだんだん狭くなってしまったのか?自分自身の体が大きくなりすぎたのか?とても窮屈で息苦しいと思うようになってきたんだ。

そろそろ鳥かごから出て、あの大空に羽ばたいて自分自身の翼でどこまで高く、どのくらい速く飛べるのか確かめてみたくなったよ。

外敵がうじゃうじゃ、いつも誰かが狙っている世界。餌も待っていれば誰かが運んで来てくれるということのない世界。
確かに厳しい環境が大空には待っている。

これからもっとそのことを実感するだろう。
もっと小鳥のころに大空に羽ばたいた方が若さを武器に無謀なチャレンジが出来たかもしれない。
その方が世の中の怖さにに怯えずに生きていけたのかも知れない。

今は結構大人になった鳥、世間をある程度知ってしまったからこそ出来ないチャレンジなんかもあったりする。
しかし、そんなことでは大空に高く舞う鳥にはなれない。

経験という力と、実績という力、それに大きな覚悟を力に頑張っていかなきゃいけない。

クリエイターという鳥は絶対に鳥かごではその力は発揮できない。
そのことを証明するためにも、鳥かごを抜け出し大空高く飛び立つことで本当のクリエイターになろうと思う。

誰からも縛られず、誰のものでもない鳥、そんなクリエイターに俺はなるよ。
そして、自由に飛ぶ鳥を見て、逆に人間が憧れ、「俺もあんな風に飛んでみたい」って言われる存在になれたら最高かもね。

羽ばたくよ。
[PR]

by keijiinafune | 2010-11-06 14:46

 

繋がり >>

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.