Excite ブログ

種まき   

2010年 09月 21日

俺の仕事は「ゲームデザイナー」 ゲームを創っている。

「カプコン」ってゲーム会社で23年もゲームを創り続けているよ。

23年前のゲームと現在のゲームとは「別物」と言っていいほどの差がある。
何が違うかって? 何もかも違っているよ。
内容、規模、感覚、対象、全く違うよ。

しかし、23年前に創っていたゲームに似たものが最近あるんだよな。
「ソーシャルアプリ」って呼ばれるもの。
これって懐かしい匂いがするんだ。

やりたいって思った。 あの感覚、もう一度 初心に戻ってみたくなった。

「コムケン」ってプロジェクトを始めた。
コミュニケーションを広げるプロジェクト。 コミュニケーションのためのゲーム。

俺に出来るのか?って考えた。 でも以前からやってきたゲームなんだよな。
ゲームを経験したことのない、馴染みのない人々が単純だけど面白い「ゲーム」を通じてコミュニケーションを広げていって、仲間を増やしていく。

それが発展して、今は大作映画に負けないような「凄いゲーム」も創れるようになっただけなんだよね。
その結果、ゲーム好き以外を拒絶するようなものにもなってしまった。

「発展」は本当に大切なことだけど、「育成」なくしては「発展」も意味がないのかもしれない。
なんでも「発展」「進化」させることに夢中になり、初心者のケアを忘れがちになるんだよな。

種をまかなきゃ、芽は出ないし、芽が出なきゃ、花は咲かない。
花を咲かせ、それを出荷することに夢中になり過ぎて、種をまくことを忘れてたら、未来がないことにその時点では気付かないもんなんだ。

「コムケン」がやろうとしているのは「種まき」
ゲームの面白さに気づいてもらい、ゲームに慣れ親しんでもらう「アプリ」を創っていきたいとおもてる。

「育成」にもその後の「発展」にも力を入れ、ゲームが「衰退」しないようにしたいと思う。

まぁ、堅いこと言ってるけど、もっとシンプルに表現すると「面白いこと」をなんでもやっちゃうってことかな。
「面白いこと」は初心者でもベテランでも説明不要だもんね。

「面白いこと」の追求を忘れない限り、「ゲーム」は死なないよね。

がんばろ^^
[PR]

# by keijiinafune | 2010-09-21 09:59

 

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.